メール配信のこれから

より魅力的なコンテンツが求められていく

メール送信の代行サービスは多様化が進み、新たに参入する会社も増えてきています。スマートフォンの普及に伴い、メール配信の価値が見直されているのも当然の流れです。販売促進はもちろん、顧客データの収集などさまざまな目的でメールが配信されています。読者のニーズは変化しやすいため、より魅力的なコンテンツが求められていくと予想できるでしょう。読者の注目を集めるには、常に新鮮な情報を提供する必要があります。何のためにメールを配信しているのか、コンセプトを明確にすることも大事です。情報を詰め込まず、コンパクトにまとめれば読んでもらえる確率も上がります。内容のボリュームより、読みやすさを第一に考えてみましょう。

顧客限定で特別なサービスを提供していく

メール配信は無料で実施している場合が多く、読者のすべてが顧客になるとは限りません。売り上げにつなげるポイントは、顧客のリピートを狙うことです。購入状況に応じて、特別なサービスを提供するのも有効な手段でしょう。限定情報がメールにあれば、顧客も関心を持ちやすくなります。顧客の心を離さないような、とっておきの情報を提供することが大切です。反応をチェックしながら、臨機応変に対応していけば問題ありません。ターゲットを限定することで、データも管理しやすくなります。序盤のコストはかかりますが、大きな成果につながりやすいのも魅力です。顧客が簡単に予想できないような、自由度の高いサービスを提供していきましょう。